FX初心者が口座開設する前に知っておきたいこと。

スマイル
将来の日本を不安視して、投資に走る人が非常に増えています。
当サイトは、FXを始めたいけど解らない。どんなFX業者で口座開設をすればいいのか解らないといった方にFX初心者が絶対知っておきたい知識とFX業者のおすすめサイトを紹介しています。ぜひ、参考にして下さい。

FX初心者向け口座開設比較サイト

FX初心者向けの口座開設比較サイトです。

FX初心者には少額取引できる口座開設がおすすめです!

FXとは外国為替証拠金取引という資金運用方法です。

外貨預金と似ていますが、外貨預金と違うところは証拠金取引であるという事です。

外国為替取引とは、日本と米国、のように、異なった2つの通貨を転換する取引の事です。
証拠金取引とは証拠金(保証金)を担保にその何倍もの金額を運用する取引の事です。

まずFX口座に一定のお金を預けておきます。これが証拠金です。

売買の際には証拠金にレバレッジをかけて取引できるので、証拠金よりも数倍〜数十倍以上の大きな取引ができるようになります。

例えばFX口座に10万円証拠金を預けた場合、250万円まで取引ができる事になります。

ですので、相場の変動によっては、大きな収益を得る場合もありますが、逆に大きな損失を被る場合もあります。

ですから、FX初心者には高額取引はおすすめできません。

FXの場合、最低取引通貨単位というものが決められていて、通常10,000通貨が主流でした。

米ドルで考えると、1ドル100円としたなら1万ドル(日本円で100万円)以上からの取引しかできないという事です。

日本国内のFX会社はレバレッジの最大が25倍となっているので、1万ドル通貨買う場合、必要証拠金は4万円でいい事になります。

ですが、利益になった時はいいのですが、マイナスになると大変です。口座にマイナス分の額が入っていればいいのですが、そうでなければ追加証拠金を入金しなければなりません。

それができなければ、保有している外貨が自動決済(ロスカット)されてしまします。

少ない資金で大きな取引ができるレバレッジはFX初心者にとっては少しリスクが大きいかもしれません。

そこで初心者に口座開設でおすすめしたいのが、最近増えてきた、最低取引通貨単位を低く設定したFX会社です。

1,000通貨や、中には1通貨のところもあるので、初期費用は数十円から始められるところもあります。

これなら初期費用が少なくても、レバレッジを大きく設定する事なく、無理な取引をしないで手軽にFXトレードを始める事ができます。

リスクが少ない分リターンも少ないですが、最初は少額で勉強がてら始めてみて下さい。

そしてFXの仕組みを理解しながら少しずつ通貨単位を上げて、利益を増やしていって下さい。

スマイル
中には、口座開設だけで500〜5,000円のキャッシュバックがもらえるFX会社もあるようです。取引内容もFX会社によっと違いますので、いろいろ検討してみる価値があると思います。

初心者だって手数料は安く済ませたい!

FXの口座を開設するにあたって、大切なポイントのひとつに「スプレッド」があります。

スプレッドとは、FX会社へ支払う手数料の事です。

単位は円との取引の場合は「銭」ですが、円以外の外貨ペアでは「pips(ピップス)」といい、1銭=1ピップスとの理解でいいと思います。

通貨ペア(ドル円、ユーロ円など)の組合せによっても変わります。FXでは売値と買値の両方が表示されます。

だいたい0.05くらい買値の方がスプレッドが高くなっています。この差がスプレッドで、差が大きくなるほど手数料が高いという事になります。

スプレッドはFX会社によっても違いますし、通貨ペア(日本、アメリカなど)や時間帯などにもよって違ってきます。

このスプレッド額を比較する事もFX会社を選ぶ上で大変重要です。

スプレッドは取引をする度に支払う事になるので、デイトレーダーなどは特に重要になります。

簡単な例で説明すると、1ドル100円のレートで1万通貨の取引をしたとします。

スプレッドが1銭のFX会社だと手数料は100円です。1日5回取引をすると500円です。スプレッドが2銭のFX会社だと1日5回の取引で1,000円となり、倍の手数料となります。

1ヶ月と考えると違いは更に大きくなります。スプレッドが1銭といった少ない額なので、安易に考えてしまいますが、そんな事はありません。

1万米ドル買ってすぐに1万米ドル売ったらレートに変動がなくてもスプレッドに応じた手数料がかかります。

取引を何度も繰り返したり、通貨単位が大きくなる程差は大きくなるので、スプレッドの差はとても重要です。

FX会社を選ぶ上で、スプレッドが低い事ともうひとつ重要な事があります。安定した「原則固定」であるかどうかです。

原則固定は基本的に為替相場が大きく動く時間帯にはスプレッドは変わらないという事です。

原則固定がないと、いざ取引しようとすると、スプレッドが大きくなってしまうといったことが起きてしまいます。このシステムがあるFX会社の方が安心できると言えます。

24時間取引できる、FX初心者にも使いやすいスマホアプリで比較する口座開設

FX初心者向け口座開設比較サイト
FX取引は、株式投資などに比べて少額で始める事ができて、スマホやタブレットでも手軽に取引できます。

また、株式投資の場合は9時から15時までの6時間しか日本では売買できませんが、FXは24時間取引が行われているので、時間を気にせずいつでも売買ができ、自分の手が空いた時にいつでも取引できる自由さが魅力のひとつです。

FXは相場が24時間動いているので相場チェックは重要となります。その際やはり便利になるのがスマホアプリです。各社改良に改良を重ねてかなり質も高くなりました。

初心者にとって各会社が出しているスマホアプリの内容も大変重要です。

サービスや操作方法なども各社違いますので、比較する上で押さえておきたいチェックポイントをいくつか紹介しますので、参考にして下さい。

基本の基本は、まず自分の端末に対応しているかどうかです。

対応していないと何の意味もありませんので、まず確認して下さい。

次にスプレッドです。売値と買値の差額のことで、FX会社に支払う手数料の事です。取引の度に支払う事になるので、やはりスプレッド幅は小さい方を選ぶといいでしょう。

そして次に注文方法です。FXには注文方法がいろいろあります。

成行、指値、逆指値、IFD 、OCO、 IFOといった基本的な注文方法は勿論の事、初心者に必要なリスク管理をしてくれる「システムトレード」や「バイナリーオプション」についても確認しておきましょう。

システムトレードは、一定のルールに基づいて24時間自動的に売買してくれるシステムです。

初心者はどうしても感情的になって冷静な判断ができなくなる場面が訪れます。そういった事を回避するためのシステムです。

バイナリーオプションとは、FX初心者向けの取引で、10分後の相場が上がるか下がるかだけを予想するシンプルな取引です。

少ない金額ででき、リスクも少ないのが魅力です。市場が24時間開いているので、自動売買注文も重要になってきます。

他に、最低通貨単位も重要な確認事項です。

1回に取引できる単位の事で、基本は10,000通貨ですが初心者でも始めやすい1,000通貨や1通貨といったものもあります。

10,000通貨だと1ドル100円の場合100万円の資金が必要になりますが、1通貨だと100円で取引できる事になります。

最初は少ない金額で試してみたい方には重要なポイントになります。最初のうちはチャートが気になるので何度も確認したくなります。

画面の見やすさや使いやすさ、シンプルさなどもポイントになります。そして、サポートについてです。

気楽に始めたけども複雑すぎて断念する人も多いので、折角始めた以上は継続したいものです。

最初のうちはわからない事がたくさんあり不安に思う事もありますので、無料のニュースやレポートなどが豊富にある事やオンラインセミナーなどの充実度、電話やメールなどの問い合わせに24時間対応しているか、なども確認しておくと安心です。

安心して取引できるFX会社選びで確認したい

FX初心者向け口座開設比較サイト
FXの口座開設をするに当たって業者の信頼性はとても重要です。

大切な資金を預けるので、見極める事が大事です。

万が一利用中のFX会社が破綻、倒産した場合投資家の証拠金はFX会社の自己資本とは別に管理する事が決められているので、戻ってこない、という事はありませんが手続きなどにかかる時間や手間は、やはり避けたいものです。

以前業者が顧客の資金を使い込んで破綻する、といった事もありました。

レバレッジにおいても今は上限25倍と決められましたが、以前は100倍などの設定もできました。そうした事例が重なり、今は投資家を守るために、信託保全制度が義務化され、より健全な環境が整いました。

自己資本規制比率

「自己資本規制比率」というのは証券会社の財務の健全性を測るうえで、重要な存在です。

会社が持っている総資本と呼ばれるものの中には借金(負債)もあります。

他人から借りたお金(他人資本)ですが、この分を除いたお金を自己資本といいます。

自己資本規制比率はこの自己資本の中から土地や建物などの固定資産を除いて「リスク相当額」で割った数値の事をいいます。

金融商品取引法ではこの自己資本規制比率が120%以上に保つ事が義務付けられています。

下回ってしまうと金融庁から業務改善命令が下されます。

さらに無視をしたり、100%以下になると、3ヶ月の業務停止や登録取り消しにもなります。

自己資本規制比率は会社がピンチになった時に自己資本でカバーできる比率という事になります。

信頼の置ける検討法なので、是非口座を作る方、現在お持ちの方は参考にして下さい。そして1年に4回算出してホームページなどで公表する事になっています。

業種によっても平均値は変わりますが、FXでは200〜300%が平均です。中には500%や1000%を超える優秀なところもあり、高水準であるほど優秀だと言えます。

常に情報を確認し、200%を下回ってきたら気をつけるようにしましょう。

資本金についてですが、どのような取引をするかは個人の自由ですが、初心者は年収の3%以下、生活に影響のない範囲の額、というのが一般的な考え方です。

スマイル
ハイリスク、ハイリターンの取引は確かに魅力がありますが、いきなり無理なレバレッジや全財産を注ぎ込むような取引は、お勧めできません。
最初は最小通貨単位が小さなところで少額からコツコツ始めるのが無難です。少しずつ慣れながら金額を増やしていく事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする